バレエ上達のコツと方法!上手くなりたいなら必ず実践!  | 

バレエが上達するには正しい筋肉作りがポイント!

letestu

小さい頃からバレエを習う人は、先生の模範演技で超簡単なバレエのポジションやエクササイズまで視覚で判断して、見よう見まねで自分の体を動かしていきます。大人から始める人は視覚と言葉から判断して体を動かそうとします。

ここに子どもと大人からバレエを始める人の差がでてきますが、到達時点は同じです。ただ子どもから始めている人の方が「バレエの体」に費やしている時間が多いのでその分、形、ムーブメント、テクニックに差がでてきます。

なんにせよ、足を外に開く筋肉をつけること、「アンディオール」がバレエが上達するための絶対的に必要な要素になります。

これができていないと、どんなに足を高く上げても、ピルエットで回ることができても「汚い動作・形・踊り」と言われてしまいます。これではプロのダンサーにもなれません。

自分のアンディオールを知る

時々みかけるでしょ? 脚は良く上がるけど、内股のまま足上げちゃって、先生からも何も言われずに恥ずかしい踊りしちゃっている人。

そんな汚い体だとコンクールも入賞しませんよ。自分のアンディオールを知ることバレエ上達のカギ!

1番ポジションで足先が楽に開く角度が自分の生まれつきもった「ターンアウト=アンディオール」。

それ以上脚を力でムリに開こうとすれば開けるのですが、長年そのムリが重なると関節が変形してバレエができなくなるので注意が必要。

自然に1番ポジションで立てるところで、ターンアウトできる脚の筋肉をつけていく、らせん状に脚の筋肉を外に回して使っていくようにバーレッスンを繰り返してやること。

これで正しい方法で長年レッスンしていけば、必ず綺麗なバレエの型で踊れるようになるし、テクニックもアンディオールができてるからこそ技術も上達します!

announceimg

股関節変形の原因

2016y02m26d_163641424

 

趣味でやるにも本格的にバレエをやるにも、どこかで体の故障がでてきて、バレエができなくなったり、レッスンを休まなくてはならないこともあります。

 


• 脚の長さが左右で違う
• 太ももの筋肉がいつもパンパン
• 床に横座りするとき、左脚前で座るときと、右足前で座るとき、どちらかが座りづらい
• イスに長時間こしかけていると、腰やふくらはぎに痛みを感じる
• 背中をイスの座席にもたれて座っていると、内腿がはったり、つっぱたりする
• 仰向けの姿勢で膝を抱えると、付け根に痛みやつっぱりを感じる
• 仰向けの姿勢で、膝をまげて胸の位置まで抱えることができない
• バーにつかまった状態で、左右の脚で付け根の開き方が違う

 

上記の症状が1つでもある場合、骨盤がゆがんでしまっていることが多いです。

いずれ股関節が変形して人工関節にするしかなくなったり、痛みでジャンプができなくなってしまったり、脚をあげられなくなってしまったりといろいろな体の支障がでてきてしまいます。

ケガ以外にも、ダイエットしていても太ももが異常に太くなってしまったり、回るテクニックが思うように上達しない原因にもなるので、早いうちに自分ができる範囲でのターンアウトでレッスンができるようにしてくださいね。

もっとバレエが上手くなるには 「解剖学」を理解すればカンタン!

2016y03m09d_145642353

 

海外のバレエ学校では、バレエのレッスンをするとともに解剖学を学ぶことも義務付けられてます。

やはりレッスンで先生が注意することをやるだけでなく、解剖学でバレエに必要な体作りを脳でしっかりと理解して、筋肉に正しいムーブメントの指令を出すことが可能になるからです。

 

1.視覚から入るバレエレッスン(いいお手本となるバレエレッスンの映像を見て頭にイメージを残すこと)イメージトレーニング

2.正しいアンディオールを意識しながら体の筋肉の使い方を脳から筋肉へ指令を出す

 

この1.2をとりいれることでプロのバレリーナになれるほどバレエで必要な基礎やテクニックを手に入れることができます。

 

解剖学を学んでいる先生にバレエを習っていれば、自分の体にあった足の上げ方、回り方、パッセの開き方、ジャンプの仕方、いろいろなことが楽にできるようになっていきます。

 

 

ビジュアルで理解したほうが人は物事を把握しやすいという脳科学的な事実があります。

後で紹介するDVDを見て頂けると、レッスン中にどこに注意してバレエを上達させるのに必要な筋肉の動かしていけばいいかイメージでもっとよく理解できるようになります。

バレエレッスンを増やせばどれだけ上達する?

2016y02m29d_150221145

 

バレエを小さいときから本格的にレッスンしている人は、レッスン量が多くないとプロにはなれないことを知っています。

外国のバレエ学校では月曜~土曜まで朝から夕方までバレエレッスンがあります。まさにバレエ漬けの生活!>

 

よくバレエ上達には「バレエレッスンの量を増やすより質が大切」という人もいいますが、本当のところは違います。

思い込みだけで間違った方法でバレエのレッスンを積み重ねたりするのは別の話ですが、やはり正しいバレエの基礎を頭にいれながらレッスン量が多い人ほど上達します。

 

だからコンクール出場するジュニアの人や、バレエ団のオーディション受ける人は1週間ほとんど休みなくレッスンしていますよ。

 

大人からバレエを始めた人でも

  • 週1回=年に約52回のレッスン量
  • 週2回=年に約104回のレッスン量

週1回と週2回のレッスンでは年50回もの違いがでてきてしまいますよ!!

 

2015y08m28d_150738223

 

筋肉は使わないとすぐに退化するので、正しい上体・足・腕・顔の使い方を頭で理解した上でレッスンすれば、上達の度合いはやはり目にみえて違います。

ただやみくもにレッスンをしなければいい。

レッスン量を増やしたらそれだけクールダウンするように整体で緊張した筋肉をほぐしたり、お風呂にゆっくりつかって筋肉やリンパマッサージしながら疲れをとったり、食事も次の日に疲れが残らないように普段からビタミン類をとったり、サプリメントで補助したりとバレエ以外にも気をつけるポイントを忘れないように。

ポワントで斜め立ちになる原因

2016y02m26d_162232660

 

大人から始めた人も子供から始めた人も、ポワントでバレリーナのようにきれいに踊りたいと思いますよね。

ポワントってみているとカンタンそうなんですが、自分の動きをコントロールするのがバレエシューズより断然難しいです。

 

アンディオール、足の甲がある・ない、腹筋・背筋の強さ>によってトーシューズの立ち方が違ってきます。

 

生まれつき足が強く、アンディオールができている足で、甲があり、シルヴィ・ギエムのように腹筋・背筋が強い人だと最初からまっすぐに立ってバレエエクササイズができるんです。

 

でも大抵の人はそう簡単にはいきませんよね・・・。

ポワントを履いた直後に日本人によくある現象は、斜め立ち。

ポワントの先が床についていない部分があり、まっすぐに立てない。

 

2016y02m26d_164314025

 

こういう人はバレエシューズでも同じようにパッセでキープが苦手だったり、ジャンプが低かったり、ピルエット系も弱々しく1回転しかできないことが多いです。

 

生まれつきルルベする足が弱いのは仕方がないので、弱い人は弱いなりに足裏の筋肉と足を上に引っ張る上体の筋力トレーニングが必要になります。

 

だけど正しいアライメントで筋肉を使っていけば、1年もすればポワントで立つことが慣れてくるので、自然にまっすぐにポワントでたって美しく踊れるようになります。

地道な努力が必要ですね。 とはいえ、ポワントでバレリーナのようにエレガントに踊れるようになるための近道の一つにポワント選びのコツについて情報を次にまとめました。

自分にあったポワントの硬さは?

ポワントの強度 ポワントのシャンク(足底)の強さ選びはすっごく大切。 「初心者用」とあえて言われているものもありますが、そういう既成の事実に惑わされないように。

初心者は、シャンクが硬すぎると、自力でバーなしでポワントで立てない人が多いです。理由は腹筋も背筋もポワントで必要な筋肉もアンディオールの筋肉も出来上がっていないから。

ポワントのメーカーの種類にもよりますが、ミディアム(中くらいの硬さ)がいいのではないでしょうか。 バーなしで、ポワントで片足ルルベが無理なくできるポワントがいいです。ためし履きをいろいろなメーカーでトライしてみてください。

announceimg

まっすぐに立てるポワントのリボンの位置

ゴムを付けた方がかかとが脱げたりしないし、足にフィットするのでポワントエクササイズで動きやすいです。 紐をつける位置は人によって違うので何ともいえませんが、各自足の形が違うため既にポワントを買った時にリボンがついているのはよくないです。

個人的にはポワントのカカトの部分をポワントの先の方向へ最大限にひっぱた場所を水平にしたラインが紐をつける位置にすると、よりフィットした感じでポワントを履けます。

announceimg

ポワントの底をカットするコツ

ポワントの底をきる・柔らかくする ポワントの底を切りすぎるのは足に負担がかかってしまうのでやめた方がいいですが、3/4シャンクがあるように、ポワントの底をかかとの部分だけ少しきると、ポワントで立った時に底がアーチのようにしなってくれるので、立ちやすくなります。

甲がない人もルルベが弱い人もポワントのかかと部分の底を少し切ると、片足でルルベすることも簡単にできるようになります。

announceimg

どうやったらバリエーションをバレリーナのように踊れるようになれる?

バレエの中でも最も時間が必要なのがバリエーションを踊るということ。

ただ単に踊れるようになるのでなく、プロのダンサーのようにバレエスタイルでバリエーションを踊れるようになるには、やはり時間との戦いです。

(バレエのフォームを気にしないで、内足でも斜め立ちのポワントでもいいのならすぐにできますが・・・。)

コンクールで上位入賞したり、バレエ留学したり、バレエ団のオーディションを受けたりする人たちのようにバリエーションを踊れるようになるには、普通のレッスンに加え、バリエーションの練習がカギとなります。

つまり基礎練習がきちんとできていればバリエーションでのポーズや動作が美しいバレエの形にできます。

人それぞれ、バリエーションには必ず不得意な箇所があります。 回るものだったり、ジャンプだったり、細やかに動くアレグロの動きだったり、優雅なムーブメントにつなげることだったり、エレガントな状態の使い方であったり。

バレエコンクールに出る人は、バリエーションだけの特別レッスンを受けています。 何度も何度も同じ動きやきれいに魅せる角度を体に覚えさせる。本番で失敗をしないように何度も練習をすることで、舞台で絶体大丈夫!という自信も実力も備えることができるようになります。

結果、基礎練習とともに、バリエーションだけのレッスンも同時に練習することで、バレエダンサーのように綺麗に踊れるようになります。バレエの上達には近道はなく、やったもの勝ちです。語学といっしょです。

announceimg

バレエが上達するDVDについて

2016y02m29d_164540890

 

スポーツ選手のようにここぞというときに役立つイメージトレーングやメンタル面を強くしながら、正しい基礎レッスンやセンターワークを視覚から正しいバレエのレッスンを学ぶことも上達する上で大いに役立つことになります。

次に紹介するDVDは、初めてバレエを始める人から、バレエ留学を考えている若い人たちに正しい基礎レッスンから国際的なバレエコンクールでバリエーションを踊れるようなレベルになるまで、段階的に上達できるようにまとめてあります。

 

DVDを見て頂けると分かると思いますが、無料の特典もあります!

 

icon-check1-oバレリーナもやっているまっすぐにきれいに立てるポワントの加工方法

 

icon-check1-oバレエのコンクールで審査員がポイントとすること

がついています。

 

icon-check1-oまたこのDVDを作った現役バレリーナの橘るみさんに直接質問が3か月間無料できます。

 

いろいろな悩みがあると思いますが、小学生から大人のかたまで生徒から先生の質問に一つ一つ丁寧に回答されているのがすごいです!

 

特別にこのサイトのみの無料特典として、海外のバレエ留学をするにあたって、

 

icon-check1-o留学エージェントでも詳しく教えてくれない「海外バレエ留学に必要な情報」(約70ページPDF)

 

もあります。

本当にバレエがうまくなりたいという人やこれから海外へバレエ留学したい方に役立てていただきたいと思います。


バレエレッスンの上達方法(「海外バレエ留学に必要な情報」無料特典付き)</a